前へ
次へ

就職祝い金を渡す時期とは

昨今の厳しい就活戦争に勝ちぬいて、無事就職先を決めた相手に対して、労いの意と今後の益々の検討を祈り、就職祝い金を渡す際のマナーに関して、今回はご紹介したいと思います。まず、就職祝い金を渡そうと考えている場合は就職決定後できるだけ早く渡すことが大切です。プレゼントなどを検討している場合も同様です。大体2週間から3週間前までに相手のもとへおさまることがベストとされていますが、タイミングによっては就職先に入社してから手配をすることになってしまう場合も想定されます。その場合は、最低でも入社してから1ヶ月前後以内には渡すよう心がけましょう。また、卒業と入社がかぶっている場合でどちらかひとつの名義でお祝いを出すのであれば未来のことが優先となるので就職祝いを優先とします。

Page Top